2013年 06月 28日

鮑とマンツーマンの英会話

d0300448_101927.jpg

abalone


■ Japanese food

こんにちは。
前々からやりたいとは思っていた英会話。
昨日が先生とドキドキの初顔合わせでした。

教室へ通うのはまず考えていなかったので一対一で教えてくれるネイティブな先生を探しました。
どうやって調べたかというとそれはネット。
先生の紹介サイトはたくさんあって
要は、初め数人の先生の連絡先を購入して自分でアポイントを取って
待ち合わせてトライアルレッスンを受け先生を決めるシステム。

まるで出会い系サイトと変わらないのでちょっと心配でしたが
いくら考えてても仕方ないし
なるようになるやろと
4000円ドブに捨てるつもりで先生の連絡先を購入しました。

これをやる前に誰かに話すと
「え~大丈夫ぅ~?怪しくない?」と言われそうだったので言わずにやった(笑)

チャラ男だったらバッサリだなと思いながら行ったのだけど
紳士的な方みたいだし笑顔の可愛い先生で取り合えず一安心。

私が登録したサイトは5人の先生の連絡先を購入出来るシステムだったので5人購入してて
その中に料理も教えてくれる先生がいて
とっても興味があってアポイントを取るメールを送ったのだけど
今、定員オーバーなんだ。ごめんなさいとのお返事が。

料理しながら英会話を教えてもらうというのは、
随分前からそういう先生がいたらいいなぁ~と思っていたことだったので
とても残念。

だけど、料理を教えてもらいながらということは部屋に招き入れないことには始まらないので
まさか焚き木で火お越しから始めて公園の水道ってわけにもいかんし。(-_-)

こういう時って、本当女に生まれてきたことになんていうか「チッ!」ってなるよね。



昨日の初顔合わせで、先生に
今日は料理何作るの?と聞かれ

頂き物の冷凍一口鮑を解凍して、フォアジャオ、生姜で香りだしして、テンメンジャンや豆板醤を使って中華の炒め物を作るつもりなの!

と思うも、出てこず。

そもそも鮑からして出てこず、自然と両手がグニャグニャ怪しい手振りを・・・。
先生は一体何をやっていると思っただろう。


会話の中で学んでいけるようにお願いしたので
マイペースに楽しみながらやって行こうと思います。

d0300448_11182743.jpg



帰ってきて解凍した冷凍鮑
どうせちっちゃなもんなんだろうと思ったら
なんと殻付き。
こんなに立派な鮑ちゃん。しかも味つき。
柔らかくて美味しかった。









Twitter設置してみました。follow me~♪
[PR]

by feeling-mycuisine | 2013-06-28 16:53 | seafood | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mycuisine.exblog.jp/tb/19078811
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 牛骨ラーメン オレズ・マガラズ      焼き鮭withヨーグルトサルサ... >>