2013年 08月 08日

花りん

d0300448_10462960.jpg

Karin


■ Western food

昨日は英会話でした。
まず初めに前回支払忘れていたレッスン料と今回分、忘れないうちにお渡しし
ついでにこないだ作ったハートのスコーンも。

「Wow!! Thank you!! すご~い。作ったの?美味しそうだ!!ありがと~~!!」と
喜んでくれました。たぶん(笑)

その夜、メッセンジャーで
「the sweets you made were delicious!!」ですと。

なんて性格の良い方なのだろうか。



というわけで、昨日はアップするほどのご飯を作っていない。
丁度いいので、今日は先週の金曜日の素晴らしかったディナーのお話を。
大好きな花りんさんへ、親友2人と行って参りました。
夏帰省のお友達からのリクエストだったんです。
嬉しいじゃないですか。
このブログや、アップしているFBの写真を見て「行ってみたい」と思ったみたい。



まずは、グラン・インペリアルというスパークリングで乾杯。
とっても葡萄の香りが濃くするスパークリングでした。
葡萄の出来によって味や風味にバラツキが出ない様に
1つの品種に絞らず色々な品種を使って作っているスパークリングなのだそうです。

d0300448_10464341.jpg


オードブル。

なんとも川のせせらぎが聞こえてきそうな夏の風情を感じるお皿。

上から時計回りに
鮎の自家製燻製と無農薬農家さんから届いたミントの花
鮎と山芋のリエット
キュウリのジュレ

鮎とキュウリが合うんですよね~。
それにリエットの滑らかで香りの良いことっ!

鼻息荒く雄叫びを上げてしまいました。

伝わります?このリエットの滑らかさっ。

d0300448_10465544.jpg


今回は、初めて伺った時に頂いた『お野菜のお愉しみコース』を頂いた。

これは私の独断で決めたのだけど
それは一番面白かったから。

花りんさんのお料理って
と言う様なことを言うと凄く偉そうで、大変恐縮なのだけど
どれも繊細で、上品で、実にお野菜の可能性をとても頼もしく感じるものが多くって
ソース使いはとってもライト。
野菜好きの私にはとっても楽しいんです。

それにその場の空気は本人次第でいかようにも変わるお店というか
ご両親とにも
デートにも
友達とのディナーにも
またご年配との食事にも
あらゆるシーン、絶対に後悔させないお店。
恐らくそれはシェフの奥様でいらっしゃる三季さんのお人柄によるものなのだろうなぁ。

いつも全てを優しく包み込んでくれる器の大きなお方です。

d0300448_10473388.jpg


こちらは、アボカドとカニのガレットと美しい彩り野菜達が添えられた一皿。

美しいでしょ?

このお皿の上で描かれた構図のバランス、素晴らしい~。

というかそば粉のガレットの印象が強かったのでガレットってカリッと焼いたものを言うのかと思って聞いたら
「うん。ガレットは丸いものを言うのよぉ~」と美声で優しく教えてくださいました。

しっかし、このオクラの飾り切り。
いいな。必ず真似する。(笑)

d0300448_10474846.jpg


そしてまたこのお皿も美しい。
鱧のフリットに空芯菜のフリット
トマトのファルシー

トマトのファルシーの中には、オリーブとナスが入っていて、香りが良くてとっても美味しいのです。

そしてパプリカのコンフィ。
これも味が凝縮して美味しい。

どちらもチャレンジするべし。

ここまででも野菜が盛りだくさん。
成人の一日の摂取するべき野菜の量は350グラムだが
このコースにはなんと600グラム以上の野菜が使われることもあるらしい。

d0300448_1048329.jpg


頂いたシャルドネ。
辛口で物凄くしっかりしてました。
テイスティングの一口で酔ってしまいそうなくらい。

イメージとしては
この~木 なんの木 気になる気になる木ぃ~♪
という歌に出てくる木みたいな感じ。(笑)

d0300448_10481991.jpg


半生に仕上げられたオマールに
山芋とサツマイモのクネル。
それにアメリケーヌソース。

またこのクネルの甘くて滑らかで美味しいことっ
とってもシルキーなのです。

d0300448_1048572.jpg


はい。2本目空きました。
フランスの『カオール』というワインでした。

これまたすっごいずっしりしたワインでしたね。
色からしてとても深い色。

d0300448_10491411.jpg


こちらは骨付きの仔牛もとっても美味しかったんですけど
感動したのは紫キャベツをピュレにしちゃうんですねぇ。
紫とニンジンのオレンジのコントラストがとても美しいお皿でした。

d0300448_10495031.jpg


デザート。
私はキャラメルアイスに桃のスープをチョイス。

他のみんなは

パルメザンのケーキとブリュレ。
もうお一方は、キャラメルアイスに、んー何だったのだろう。






さ。
いざ花火へ。
いってきまふ (-_-;)/









Twitter設置してみました。follow me~♪
[PR]

by feeling-mycuisine | 2013-08-08 17:10 | restaurant | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mycuisine.exblog.jp/tb/19411522
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< オムタラ弁当      使い捨て弁当 >>